みつきんのメモ

組み込みエンジニアです。Interface誌で「My オリジナルLinuxの作り方」連載中

HiFive1 Rev.B

ベアメタルのHiFIve1 Rev.BでHello world

はじめに 前回ベアメタルでLチカは動いたので、今度はシリアルを動かす。 ホストPCの環境はUbuntu 18.04 UARTのポート HiFive1 Rev.BをPCに接続すると/dev/ttyACM0と/dev/ttyACM1が見えるようになる。 この内/dev/ttyACM0はデバッグコンソールとして使える。…

ベアメタルでHiFIve1 Rev.Bを動かす

はじめに PlatformIOでHiFive1 Rev.Bを動かすで下記のように書いたので ベアメタルで動かしてみる。 標準のライブラリやヘッダは使っていないので、リンカスクリプトとスタートアップを書けば、 ベアメタルでもこのまま動くはず。 リンカスクリプト リンカス…

PlatformIOでHiFive1 Rev.Bをデバッグする

はじめに 前回はPlatformIOでLチカの実行までしたので、デバッグ方法調べる。 pio debug 特にplatform.iniを書き換えたりする必要もなく次のコマンドでデバッグを開始できる。 $ pio debug --interface=gdb Warning! Please install `99-platformio-udev.rul…

PlatformIOでHiFive1 Rev.Bを動かす

はじめに HiFive Rev.Bを入手したのでまずはPlatformIOでLチカする。 プロジェクトの作成 次のコマンドを実行し、PlatformIOのプロジェクトを作成する。 $ platformio init --board hifive1-revb 無印とはブートアドレスが異なるので、ボードもhifive1-revb…