みつきんのメモ

組み込みエンジニアです。Interface誌で「My オリジナルLinuxの作り方」連載中

NuttXアプリケーションの作成を補助するスクリプトを作った

はじめに

NuttXで小さい書捨てのアプリケーションをたくさん作る必要が出てきたので、 アプリケーションの雛形を出力するスクリプトを自分用に作成した。

せっかくなので(?)、githubに置いといた

スクリプトがやっていることの詳細はここを参照。

使い方

nuttx_gen_app.shをPATHの通ったディレクトリにコピーする。

環境変数NUTTX_APP_DIRappsディレクトリへのパスを設定する。

nuttx_gen_app.shを実行する。

アプリケーションの作成

次のように作成したいアプリケーション名を指定する。

$ nuttx_app_gen.sh hello

この時点でNuttXのmake menuconfigのメニューに追加されるようになる。 NuttXのmenuconfigに反映させるにはmake distcleanしてからtools/configure.shを実行し直す必要がある。

また、デフォルトのスタックサイズを指定することもできる。

$ nuttx_app_gen.sh hello 8192

アプリケーションの削除

次のようにすると、nuttx_gen_app.shで作成したアプリケーションを削除することができる。

$ nuttx_gen_app.sh hello -d

まとめ

自分用なので自分が必要な機能だけ。 そこまで細かいテストはしてないので、使用する場合はご注意を。

何かあればプルリクをくれると助かります。