みつきんのメモ

組み込みエンジニアです。Interface誌で「My オリジナルLinuxの作り方」連載中

ラズベリーパイ3でthudを試す

yoctoの最新版がやっとリリースされた。バージョンは2.6で、コードネームは「Thud」.

早速、ラズベリーパイ3で動かして見る。

環境構築

いつものやつ。

INITはsystemdで。

ソース取得

$ mkdir -p rpi-thud/layers
$ cd rpi-thud/layers
$ git clone git://git.yoctoproject.org/poky.git -b thud
$ git clone git://git.yoctoproject.org/meta-raspberrypi -b thud
$ git clone git://git.openembedded.org/meta-openembedded -b thud
$ cd ../

環境変数設定

$ source layers/poky/oe-init-build-env build

自動的にビルドディレクトリに移動される。 これで、bitbake関連のツールが使用可能になる。

レイヤ追加

$ bitbake-layers add-layer ../layers/meta-openembedded/meta-oe
$ bitbake-layers add-layer ../layers/meta-openembedded/meta-python
$ bitbake-layers add-layer ../layers/meta-openembedded/meta-networking
$ bitbake-layers add-layer ../layers/meta-raspberrypi/

local.confの修正

MACHINEの行を修正する。

MACHINE = "raspberrypi3"
DL_DIR ?= "${TOPDIR}/../downloads"

# enable uart
ENABLE_UART = "1"

# systemd
DISTRO_FEATURES_append = " systemd pam"
VIRTUAL-RUNTIME_init_manager = "systemd"
DISTRO_FEATURES_BACKFILL_CONSIDERED = "sysvinit"
VIRTUAL-RUNTIME_initscripts = ""

ビルド

$ bitbake core-image-base

最小限のイメージを作成する場合、 これまではrpi-basic-imageを使用していたが、今後はcore-image-baseを使用する。

出来上がったイメージをddなどでSDカードに書き込む。

sudo dd if=tmp/deploy/images/raspberrypi3/core-image-base-raspberrypi3.rpi-sdimg of=/dev/sdX bs=100M

sdXは環境によりsdbやsdcなどになる。

動作確認

作成したSDカードをラズベリーパイ3に挿入し電源を入れる。

ログイン後次のコマンドを実行し、OSを確認する。

# cat /etc/os-release
ID="poky"
NAME="Poky (Yocto Project Reference Distro)"
VERSION="2.6 (thud)"
VERSION_ID="2.6"
PRETTY_NAME="Poky (Yocto Project Reference Distro) 2.6 (thud)"

thudが動作していることが確認できる。