読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ConnectCore i.MX6UL スターターキット: connmanによるWifi設定

ConnectCore i.MX6ULスターターキットの続き その1 その2 その3 その4 ここでは/etc/wpa_supplicant.confや/etc/network/interfacesを直接編集する方法が記載されているが、 YoctoProjectではconnmanが簡単に使用できるため、connmanを使用してWifiを設定す…

ConnectCore i.MX6UL スターターキット:デバイスツリーについて

ConnectCore i.MX6ULスターターキットの続き その1 その2 その3 bitbakeを実行すると、下記のデバイスツリーファイルが生成される。 zImage-imx6ul-ccimx6ulstarter.dtb zImage-imx6ul-ccimx6ulstarter-wb.dtb zImage-imx6ul-ccimx6ulstarter-id129.dtb この…

ConnectCore i.MX6UL スターターキット:マイクロSDカードからLinuxを起動する

ConnectCore i.MX6ULスターターキットの続き その1 その2 パーティション作成 ツールでSDカードのメディアに次のようにパーティションを作成する。 ラベル サイズ フォーマット boot 256M ext4 rootfs 残り全部 ext4 gpartedのインストール Ubuntu16.04では…

ConnectCore i.MX6UL スターターキット:ネットワーク越しにLinuxを起動する

前回の続き。 次のような構成でLinuxを起動する。 コンポーネント 読み込み方法 u-boot NANDフラッシュ(デフォルト) linuxカーネル tftpサーバ デバイスツリー tftpサーバ rootfs NFS tftpサーバ Ubuntu16.04では次のように設定する。 インストール $ sudo a…

ConnectCore i.MX6UL スターターキットで遊ぶ

DIGIのConnectCore i.MX6UL スターターキットをチップワンストップで購入した。 このボードはラズベリーパイシリーズの40ピンのGPIOヘッダと互換のピンヘッダを搭載している。 つまりハードウェアレベルではラズベリーパイのHATやLCDなどのデバイスが使用で…

yocto(jethro)でsystemd-networkdを有効化する

systemdを組み込んだだけだと、ネットワークインターフェイスが有効化されない。 systemdにはネットワークインターフェイスの設定を行うsystemd-networkdが存在するが、 yoctoのsystemdのレシピではデフォルトでは組み込まれない。 connmanを追加する方法も…

connman バージョン1.30以前の落とし穴

システム起動時にNFSやCIFSでリモートのディレクトリをマウントしたい場合などは 確実にネットワークがオンラインになっている必要がある。 ネットワークがオンラインになる前にマウントを試みても失敗するためだ。 systemdでネットワークインターフェイスが…

yocto pulseaudio.socketをレシピからenableする

pulseaudioのUnitはUser Unitであるが、yoctoのUser Unitの取り扱いに問題がありboot時に正しく実行されない。 boot時にpulseaudio.socketが実行されるようにするための方法を調査したのでメモ。 systemdのenableの仕掛け まず、「systemctl enable」をした…

Ubuntu 15.10でbitbake qemu-nativeエラー

Ubuntu 15.10でcore-image-satoなどを作ろうとすると、qemu-nativeのdo_configureでエラーになる。 DEBUG: Executing python function sysroot_cleansstate DEBUG: Python function sysroot_cleansstate finished DEBUG: Executing shell function autotools…